Design management - 設計と監理 -

【設計には意匠・構造・設備、基本設計と実施設計があります】

一口に「設計」といってもどんな仕事をしているのかピンとこないかと思います。
設計には大きく分けて「意匠設計・構造設計・設備設計」の3つの分野に分かれます。
業務体系としては「基本設計」「実施設計」があります。

意匠設計は、建物全体の総合的な計画やデザイン・細部の納まり等を検討します。
建築全体の総合的な設計を行います。
構造設計は建物の骨となる基礎や柱・梁などの部材が構造上安全かどうかを検討し、複雑な構造計算によって部材の寸法や仕様の設計を行います。
設備設計は電気設備・空調設備・機械設備(給排水等)の設計を行います。
電気は配線の経路や照明等の明るさなど、空調は冷暖房設備などの容量について、機械設備は給排水の経路や配管について設計を行います。

基本設計では、敷地や関係法令等の調査、基本計画・デザイン、計画図の作成などを行います。
また、設計する建物の概要、予算なども視野に入れて計画を進めていきます。
基本設計が終わると、次に実施設計に入ります。

実施設計での業務は「見積や工事に必要な情報を図面化する」ことです。
また、意匠及び施工上の納まり、構造や技術上の検討など詳細多岐にわたって設計を進めます。
実施設計が終わると見積金額を算出し、着工に入ります。




【工事中に図面通りできているか確認する監理業務】

設計が終わり工事業者が決まるといよいよ着工です。
工事中にも設計事務所は仕事を行います。
むしろ、監理業務のほうがが重要となってきます。

「監理」とは、図面通りに施工されているか、法的事項をクリアしているか、など設計図をもとにチェックします。
また工事中には、建築主・監理者・施工者との工程打合せなども定期的に行います。
工事が終了すると監理も同時に終了します。
終了しましたら、建築士法に定められた「工事監理報告書」と工事完成後に作成する図面「竣工図」を建築主に提出します。